tr?id=175752373000924&ev=PageView&noscript=1

妊活は流産リスクも下げる?

投稿日時:2018/11/20(火) 14:47

赤ちゃんを迎えるために
努力をされているという方は、
どのようなことを実践されているのでしょうか。

不妊子宝整体を行っている当院では、
整体による身体のバランスや不調の改善をはじめ、
食生活やライフスタイルのアドバイスなどを行っています。

妊娠を希望する方が、
正常に自然な妊娠を可能とする状態へと
導くための一つの手段として、当院は選ばれています。

不妊症の定義には当てはまりませんが、
着床障害や流産も不妊治療を行っていく過程で
経験されたことのある方はいらっしゃるでしょう。

現段階の医療では、着床障害や流産の
根本的な治療は確立されていません。

着床障害に関しては、着床前スクリーニングの有効性が
臨床研究によって進められている段階です。

流産には、人工流産(人工妊娠中絶)と自然流産とがありますが、
実は様々な病態があります。

近年知られるようになってきた流産に、
化学的流産というものがあります。
これは、市販されている妊娠反応薬などで陽性の結果が出ても、
超音波検査で胎嚢が確認されない場合を指します。

通常の月経と変わらない出血であるため、
妊娠していたことに気づかないまま
過ごしている人が多いともいわれています。







流産の原因のほとんどは、
染色体異常であるといわれています。

染色体異常は特別なことではなく、
卵子の約25%、精子の約10%がこれに該当するといわれています。
また染色体異常は、40%の割合で
受精後に発生しているとされています。

この確率は、加齢とともに上昇していきます。

加齢とともに自然妊娠の確率が下がる一方で、
流産のリスクが上がってしまうのは
悲しいことですが、現実なのです。

しかし、悲観的になるばかりではありません。
不妊治療の現場では、どんどん研究が進み、
様々な治療薬や改善法が生み出されています。

当院では、病院での不妊治療を
サポートするための施術を受けることを推奨しています。

もちろん、病院での治療を開始する前に
当院でお身体を整えていただくというのも方法の一つです。

妊娠しやすい身体の条件は、
流産や不育症といった体質改善にもあてはまるものです。

整体の施術により、筋肉が矯正されると
張りやこり、滞っていた血流などが改善されていきます。

血流改善は、全身を温めるだけでなく、
摂取した栄養や酸素を、
細胞へとしっかり届けることができる身体となることでもあります。

細胞の活性化は、妊娠の確率を上げるだけでなく、
質の良い卵子や精子をつくることにも繋がります。

流産を経験した方は、身体だけでなく心も傷ついています。
しかしながら、次の妊娠を正常に迎えるためにも
早急に適切なケアを行うことが重要です。


不妊子宝整体での施術は、
妊娠しやすい身体づくりを目指すものですが、
それは同時に流産しにくい身体づくりでもあります。

つらい経験を乗り越えたお二人に、
一日も早く幸福で満たされた日々を送っていただけるよう、
お身体を整えるお手伝いをさせていただきます。